現象

電源オプションで自動スリーブをなしに設定しても、2分間を立つと自動にスリーブしてしまう。

原因

システム無人スリープタイムアウトの設定に優先的に適用されるため、ディフォルトは2分で自動スリープとなっています。

対策

システム無人スリープタイムアウトの設定は非表示のため、表示するように設定する必要があります。

手順

1、デスクトップ表示状態でCtrl+Rで実行Windowを起動し、下記コメントを実行する。

「Regedit」

・レジエディタを起動すること。

2、下記場所を開く

「コンピューター\HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Power\PowerSettings\238C9FA8-0AAD-41ED-83F4-97BE242C8F20\7bc4a2f9-d8fc-4469-b07b-33eb785aaca0」

3、項目値を設置する。

「Attributes」という項目の値は2に設定する。(通常は1となっている)

4、電源オプションを開き、詳細設定Windowsを開く

5、スリープ⇒システム無人スリープタイムアウトを開く

6、電源入れもしくはバッテリー状態のタイムアウト時間を設定すればよいです。(0分は期限です)